FASHION

” MOKKO ”バッグを買いました[GOOD GOODS ISSEY MIYAKE]

※この記事では商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
MOKKO

ISSEY MIYAKEブランドの一つ『GOOD GOOGS ISSEY MIYAKE(グッド グッズ イッセイ ミヤケ)』の” MOKKO (モッコ)”というシリーズのバッグです。
同ブランドの展示で知りました。

MOKKO"とは

「洗えるかごバッグ」
一本の糸から編み上げた、軽くて柔らかいニットバッグ。水洗いが可能で扱いやすく、買い物など日常のあらゆるシーンで気軽に使えます。フルーツバスケットのようにテーブルに置いても美しく、インテリアに溶け込み、暮らしに寄り添います。

GOOD GOODS ISSEY MIYAKE
https://www.isseymiyake.com/blogs/goodgoods-itemseries/mokko

元々重いバッグが苦手なのですが(得意という人もいないと思うけど)、今年の猛暑でさらに加速しました。

身軽でいたい!ただでさえ荷物持ちなのにバッグ自体が重いのは耐えられない!

ミニバッグの流行でバッグ2個持ちは今や定番スタイルとなりましたが、
軽くてメインにもサブにも使えて、荷物がたくさん入り(A4サイズ必須)、尚且つオシャレなものというと中々見つけられずにいたのです。

ISSEY MIYAKEといえば、日本が世界に誇るブランドです。
そのブランドから自分のニーズにピッタリのものが売っているのなら言うことなし!ということでいざ店舗へ。


当初は一番スタンダードな形の中サイズを買うつもりでしたが、
自分の日頃の動作や行動パターンを思い起こし、肩掛けもできる”MOKKO TOWN SHOULDER”にしました。

MOKKO
MOKKO TOWN SHOULDER

バッグ単体で見ると、やはり一番スタンダードな"MOKKO”がスーパーのレジかごっぽくてかわいいけど、実用重視にしました!


比較画像が無く申し訳ないですが、スタンダードの”MOKKO" 中サイズと比べると、肩掛け分が縦に長く、横幅も少し広いです。

商品名サイズ横幅(cm)高さ(cm)重さ(g)価格(税込)
MOKKO約40.0約42.0約190.019,800円
MOKKO TOWN SHOULDER-約45.0約48.0-26,400円
2023年9月現在

素材は商品によって異なるようですが、スタンダードのものはポリエステル62%、ナイロン38%の混紡です。
耐久性や耐用年数は不明ですが、使い方や環境にもよるでしょうから、こればっかりは使ってみないと分からないですね。

MOKKO
素材感
MOKKO
MOKKO
左右の上部の角を入れ込んでもいい
MOKKO
肩掛け部分を折り込んで手持ちにも

まずは、一番使えるだろうということで黒にしましたが、シーズナルカラーや素材違い網目違いなど、
様々なパターンが発表されているので、色違い形違いで欲しくなってしまいます。

MOKKO
内側に角を折り込んでマチを作ることも
MOKKO
マチを作ってみたところ
MOKKO
上部の角も織り込んでみる

マチを作ってみたけど、やはり持っているうちに崩れてきたから、マチを固定したい人はマジックテープとかを仕込むといいかもね!

折り紙を意識していると思わせるショッパー

オンラインでも一部の商品は購入可能です。
店舗の方が商品展開が多いですが、GOOD GOODS ISSEY MIYAKEブランドを取り扱っている店舗は限られているようです。


先日親戚の集まりで久々に会った伯母から早速褒められてうれしいです。

かごバッグというと夏のイメージがありますが、ポリエステルとナイロンの混紡なので通年でもおかしくはないでしょう。

ということで今後大活躍させていきたいと思います!

楽天ブックス
¥2,852 (2024/05/23 15:35時点 | 楽天市場調べ)



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
ランキング参加中!ポチしてもらえると喜びます!

-FASHION
-, , , ,